トランプ大統領誕生で、アメ車はこうなる!?

アメリカ大統領選が終わり、トランプ氏が大統領になると、

日本にとってこんな影響があるみたいな記事が沢山でてきましたね、

外交問題、日本の基地問題、経済的変化予想みたいなのは

専門の人が書いた記事が沢山あるので、

私は専門のクルマに絞って、こうなっていくんじゃないかと、勝手に考えてみます。

 

マッスルカー、再び?

トランプ氏は勝利前にこんな事を公約していました

ドナルド・トランプ、アップルに米国内での生産を義務付けると宣言

組立をアメリカ本土に戻すってのは、納得できる気がするんだけれど、

部品はとなると、、、

iPhone7は確認されていませんが、

iPhone6は数多くの日本製部品で構成されているなんて記事を

日本経済新聞が出していました。

アップル新スマホ、日本勢は部品で存在感

スマホのみならず、今や電子制御が当たり前になった世界の自動車には、

日本製の部品、代表的なメーカーを言えば、日本デンソー製の部品が多数使われています。

アメ車も、欧州や、日本の燃費性能、走行性能に合わせる為、

昔は、デカイエンジンで、直線加速最強だが、曲がらなくて、燃費が悪いクルマ

みたいなイメージでしたが、今はそうでもありません。

こういった、アメ車のコンパクト化、高性能化にも、日本製の部品が活躍しているわけです。

これを使わないとなると、一世代前のアメ車、いわいるマッスルカーに戻っちゃいますよね。。。

ちなみに、アメリカ電気自動車メーカーの筆頭、

テスラのバッテリーもパナソニック製です(^_^;)

 

でも、実は良くなる事がある。

まあ、アメリカ大統領の任期は4年ですし、

自動車に使われる部品は、信頼性を重視して、

いきなり違う部品メーカーに全部品依頼するなんて事はないので、

上記の様な事になる事はないのですし、

公約通り、トランプ氏がアメリカの法人税を

本当に15%まで下げてくれれば、自動車メーカーにも反映されるわけで、

そうしたら、アメ車ファンは、よりクルマを買いやすくなるかもしれません。

 

最大の問題は円高。

しかし上記のような、トランプ大統領による、

米国での内製化比率引き上げ要請が強まる事から、

昨日から、自動車関連株は大幅安になっています。

中部の企業「トランプ円高」に衝撃 自動車関連株は大幅安

それに加え、米政権の政策不透明感の高まりを懸念し、

安定感のある円が買われて円高傾向。

トヨタの場合は、円高が1円進むと400億円の減益となるらしいですが、

トヨタのような、超がつく大企業ならまだ良いですが、

マツダやスズキ等のそれよりは小さい大企業は、、、

アメ車メーカーにとっては良いかもしれませんが、

日本の自動車メーカーにとっては、怖いことになりそうです。




2016年11月10日 | Posted in ブログ | タグ: , , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です