e-POWER搭載、ニッサン 新型ノートを一言で言うと。

エンジン付きの電気自動車。

下の図がとても解りやすいと思う。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e8%aa%ac%e6%98%8e

今までの駆動方式とは違い、

エンジンは、駆動系に繋がっておらず、あくまで発電動力として駆動する。

モーターはニッサンの電気自動車「リーフ」の物を流用しているので、

下記CMの様な、加速特性が良いイメージになるのは当然かと思う。

低回転域が不得意なエンジンを完全に走行から切り離したのは良いけれど、

エンジンが得意な高回転域どうなのだろう?

街乗り用のクルマでは気にするところではないし、

177万円から買えるクルマとしては、

普段の足として、良い特性だと感じる。

 

電子化は車両だけに留まらない。

ニッサンは技術の電子化のみならず、

カタログもいち早く電子化している。

新型ノートのカタログはまだ電子化されて無かったけれども、

同じモーターを使ってるリーフ等、その他の新型車種カタログは

電子化されている。

そのうち、クルマ本体もネットで注文とかになるのでしょうか?

クルマ好きとしては、ちょっと寂しい。

 




2016年11月08日 | Posted in ブログ | タグ: , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です